Excelで直前行の値を入力する方法

ExcelCtrl+D, エクセル, 入力, 直前行

エクセルで入力操作をしていると、しばしば、直前行の値をそのまま入力しなければならない場面に遭遇することがあります。

単一セルに直前行の値を入力する方法

下図の例では、直前行「A2」セルに入力された日付の値を「B3」セルに入力しようとする場合です。

 

  1. 直前行の値を入力したいセル「A3」にセルポインタを移動します。
  2. 【Ctrl】+【D】キーを押します。

 

 

複数セル(列方向)に直前行の値を同時に入力する方法

下図の例は、複数のセル「A3:B3」セルに直前行のセル「A2:B2」の値を同時に入力する場合です。

  1. 直前行の値を入力したい複数のセル「A3:B3」をセルポインタで選択します。
  2. 【Ctrl】+【D】キーを押します。

 

 

複数セル(行方向)に直前行の値や数式を同時に入力する方法

下図の例は、複数のセル「A3:B5」セルに直前行のセル「A2:B2」の値を同時に入力する場合です。

また、同時に「G2」セルに入力された「=E2*F2」の数式も同時に相対入力する場合です。

 

  1. コピーしたい直前行のセル「A2:B2」を含む「A2:B5」セルと「G2:G5」セルを同時に選択します。
  2. 【Ctrl】+【D】キーを押します。

 

 

直前行の値を【コピー】&【貼り付け】するには様々な方法があります。

  • ショートカットキーを使用する。
    • 【Ctrl】+【C】→【Ctrl】+【V】
  • フィルハンドルを使用する。
    • 【日付型】や【数値型】フィールドのセルで、フィルハンドルをドラッグすると連続データが作成されてしまいます。
    • 【Ctrl】キーを押しながらフィルハンドルをドラッグすると同一データをコピーすることができますが、どうしても操作の手数が増えてしまうことと、特にノートパソコンでは操作しづらいこともありますので、もうひとつのアプローチ方法として【Ctrl】+【D】キーを是非活用しましょう。